女性活躍推進行動計画

女性活躍推進法にもとづく「学校法人立命館 女性活躍推進行動計画」の公開にあたって

2016年4月 学校法人立命館

 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(「女性活躍推進法」)(2016年4月施行)は、自らの意志によって職業生活を営み、又は営もうとする女性がその能力を十分に発揮し、職業生活において活躍できる環境を整備するために制定された法律です。
 この法令では、女性の職業生活における活躍を迅速かつ重点的に推進することにより、男女の人権が尊重され、かつ急速な少子高齢化の進展、国民の需要の多様化その他の社会経済情勢の変化に対応できる豊かで活力のある社会を実現するため、男女共同参画社会基本法の基本理念にのっとり、その基本原則を定め、国・地方公共団体・事業主の責務を明らかにするとともに、基本方針及び事業主の行動計画の策定、女性の職業生活における活躍を推進するための支援措置等について定めることとしています。
 この法令にもとづき、常時雇用する労働者の数が301人以上の事業主は、女性の職業生活における活躍を推進するための「一般事業主行動計画」を策定して都道府県の労働局に届出すること、その内容を対外的に公表し、従業員への周知することが義務付けられています。本学では、2016年4月1日~2021年3月31日を計画期間とし、行動計画を届出ましたのでここに公表します。


学校法人立命館 女性活躍推進一般事業主行動計画策定届

ページトップへ